close
zoom meeting

ビデオ会議のいろは:Zoomの使い方

先日、自宅待機命令(Safer at Home)が発令されました。これに伴い、人との距離を置くソーシャル・ディスタンスの手法としてバーチャルやネットを活用する方法が流行りとなりつつあります。日々の生活の中にビデオ通話を取り入れることは、先行きが不透明な現在、私達の社会生活を維持し人とつながる重要なツールとなります。 Learn More

food delivery

フードデリバリーについて

かつては不必要な贅沢とみなされていた食料品配達アプリは、先日の自宅待機命令(Safer at Home)の発令に伴い、今までになく価値のあるものとして認識され始めています。このアプリは、人々にソーシャル・ディスタンスを実践しながら食料品を手に入れられる手段を提供し、またテイクアウトサービスの提供を続けている地域のレストランや企業を支えています。 Learn More

Keiroが年次「介護者カンファレンス」と「介護フォーラム」 を通じて介護者の支援を拡充

ロサンゼルス、2020年2月25日――今年Keiroは複数のイベントを通じて、介護者に対する支援を拡充します。Keiroは年次「介護者カンファレンス(Caregiver Conference)」をベニス日系コミュニティセンター(Venice Japanese Community Center)にて2020年5月31日日曜日の午後12:30から午後5:00まで開催します。 Learn More

palliative care; caring hands

高齢化に伴う『心理的・社会的支援の種類と求めるタイミング』-老医学臨床福祉専門家からのポイント

介護問題にあたっては、昨今「Psychosocial Needs-心理的・社会的ニーズ」と言う言葉がアメリカの臨床福祉老医学会に頻繁に出回っています。Physiological/Biological needs(身体的健康ニーズ)と同じように大切なこのサイコソーシャルニーズとは? Learn More

iyashi care doctor, nurse, and social worker smiling into camera

癒しケアについて語る  -癒しケアチーム3人による対談―

癒しケアはプログラム開始以来200人以上の方々に、文化的背景に配慮した緩和ケアを提供してきました。Keiroとプロビデンス・ヘルス・アンド・サービスの提携プログラムでは、医師、看護師、そしてソーシャルワーカーのチームが追加のサービスを提供する事によって、患者さんご自身やご家族が複雑な医療制度の中で病と向き合えるようお手伝いします。 Learn More

mamoru

Keiroスーパースター:神田守さん

西南・シニア・シチズン・センター(以下、西南センター)の会長で、91歳の神田守さんは、自分の身体の声に耳を傾け、レイキ・ヒーリングやリフレクソロジーを行い、医薬品に頼らない生活を送っています。しかし、今までずっとこのような生活をしてきたわけではありません。 Learn More