Keiroニュース・記事 Archives | Page 2 of 8 | Keiro
X #givingtuesday

Support Keiro’s work to improve the quality of life for older adults in Our Community.

Join Us

Due to COVID-19, Keiro has decided to transition all of our scheduled in-person events in 2020 to alternative formats. Read full statement here.

Keiroは年内に開催する予定の直接人と人が会うイベントを全て別の形式に変更することに致しました。詳細はこちら

close

Keiroニュース・記事

マスクの着用について

4月3日現在、CDC(米疾病対策センター)では新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防ぐため、手作りのマスクの着用を推奨しています。ただし、医療用マスクについては、治療の最前線で戦う医療従事者に回してほしいと呼びかけています。この記事では、医療用マスクと手作りマスクの違いと、どのような時に着用するべきなのかについて説明します。

自宅で活動的に過ごすには?

COVID-19への感染を避けるには、外出しないこととソーシャル・ディスタンスを実践することが最善の方法です。しかし、外出しないということは、何もせず、誰とも交流せず自宅で過ごすということではありません。自宅に居ながら活動的に過ごす方法や気を付けるべき事などをまとめました。

COVID-19の「癒しケア」への影響

COVID-19はあらゆる人々に影響を与えているので、Keiroでもサービス提供の方法が変わってきています。しかしながら、癒しケアに関しては引き続き既存および新しい患者さんとその家族の支援を続けています。

COVID-19 景気刺激策とは

3月25日、米国上院はCOVID-19パンデミックへの対策として2兆ドルの景気刺激策を可決しました。同法案は3月27日付けで下院でも可決され、大統領も署名をしました。景気刺激策について知っておくべき情報は次の通りです。

ビデオ会議のいろは:Zoomの使い方

先日、自宅待機命令(Safer at Home)が発令されました。これに伴い、人との距離を置くソーシャル・ディスタンスの手法としてバーチャルやネットを活用する方法が流行りとなりつつあります。日々の生活の中にビデオ通話を取り入れることは、先行きが不透明な現在、私達の社会生活を維持し人とつながる重要なツールとなります。

自宅待機命令中のフードデリバリーについて

かつては不必要な贅沢とみなされていた食料品配達アプリは、先日の自宅待機命令(Safer at Home)の発令に伴い、今までになく価値のあるものとして認識され始めています。このアプリは、人々にソーシャル・ディスタンスを実践しながら食料品を手に入れられる手段を提供し、またテイクアウトサービスの提供を続けている地域のレストランや企業を支えています。

COVID-19 本当か嘘か

現在、COVID-19には治療法やワクチンはありません。ですから、治療法やワクチンがあると主張するeメール、テキスト、ウェブサイト、ソーシャルメディアへの投稿はすべて詐欺とみなすべきです。以下、その他誤った情報をまとめました。

COVID-19に関連する詐欺

このようなパンデミックの発生にもかかわらず、ウイルスに関連した詐欺が発生しています。COVID-19の最新情報のみならず、ウイルスに関する誤った情報や詐欺も知っておくことが大切です。

safe at home

自宅待機緊急命令(Stay At Home)

2020年3月19日木曜日、州知事ギャビン・ニューソム氏は、Stay at home 、自宅待機緊急命令を全州民に発令しました。州の住民は、不要不急の外出を避け、自宅にとどまるようにするものです。

お店:シニア専用の時間帯

ソーシャル・ディスタンシングが推奨されている今、多くの人が、食品や日用品を買い求めてスーパー等の店に殺到しています。COVID-19のリスクの高いとされる高齢者及び持病を持つ方向けに、スーパーや店では営業開始前に買い物ができる専用の時間を設けています。