Keiroニュース・記事

Keiroシンポジウム「Aging Into Tomorrow(高齢化の未来)」 をロングビーチにて開催

Keiroは「Aging into Tomorrow – An innovative approach to the aging process(高齢化の未来――エイジングプロセスに対する革新的な取り組み方法)」と題したシンポジウムを、2019年10月5日土曜日にウェスティン・ロングビーチにて開催いたします。

Keiro チャットルーム:Meet Kazuko!

このシリーズではコミュニティの皆様にインタビューした模様をおとどけします。今回はヤマモト・カズコさんです。

北岡和義氏の講演会:癒しケアの紹介

ジャーナリストの北岡和義さんが、110人以上の参加者を前にステージIVの肝臓がんとの「共生」について講演しました。後半には、Keiroが提供している癒しケアプログラムについて、担当医の八浪祐一・エドウィン医師が説明しました。

北岡和義氏の講演会:がんの不思議、がんと共に生きる

長年ロサンゼルスでジャーナリストとして活動されていた北岡和義さんが、110人以上の参加者を前にステージIVの肝臓がんとの「共生」について講演しました。

panelists

ボランティア活動でアクティブな生活を送る -OCJAAボランティアパネルディスカッション-

Keiroとオレンジ郡日系協会はボランティア活動に関するパネルディスカッションを日本語で実施し、50名以上が参加しました。自身のスキルを使ってボランティアを続ける80代のパネリスト3名の経験を聞きました。

Keiro チャットルーム:Meet Keito!

このシリーズではコミュニティの皆様にインタビューした模様をおとどけします。1回目はオレンジ郡日系協会の中澤さんです。

Keiroと日米文化会館がリトル東京で 第2回「敬老の日」フェスティバルを開催

Keiroと日米文化会館(Japanese American Cultural & Community Center: JACCC)は私たちのコミュニティの人生の先輩方への感謝を込め、第2回「敬老の日」フェスティバルを2019年9月14日土曜日に共催いたします。

孤独感を感じる危険性―社会的孤立の拡大

全米のヘルスケアプロバイダーや関連団体は、高齢者の社会的孤立が増加していることに関して、懸念を示しています。全米退職者協会(AARP)によれば、現在50歳以上のアメリカ人のうち、およそ17%もの人が社会的孤立で苦しんでいるといわれています。

ちょこっとアドバイス:お盆祭り

日系コミュニティでは、夏といえばお盆祭りがまず頭に思い浮かびます。お祭りを精一杯楽しむことは大切ですが、健康的な生活習慣を忘れてはなりません!この記事ではお盆を健康的に過ごすためのちょっとした秘訣をご紹介いたします。

Grants Program Logo

Keiro が2019-2020年助成金プログラムを開始: 引き続き高齢者の社会的孤立の軽減が焦点

本日Keiroは2019-2020年の助成金プログラムを発表しました。プログラムは引き続き社会的孤立を軽減させることに焦点を当てています。