Keiroニュース・記事

癒しケア:母と私、そして私たちのニーズに耳を傾けてくれたチーム

デイビッドさんは、癒しケアによってアルツハイマー病の母親のケアだけではなく、ご自身の心のケアもすることができたと語ります。また、癒しケアチームのおかげで望んでいなかった救急外来も防ぐことにつながりました。

Caregiver's hand on patient with walker

緩和ケア: 大多数が全く知らない、最も重要な医学の進歩

アイラ・バイヨック医師は、病を患った際、ご自身及びご家族の意思をはっきり伝えられる準備が必要だと述べています。できるかぎり最高のケアを受けられるためのアドバイスを記事にしてくださいました。

Caregiver Conference

パサデナ仏教会でKeiroの年次介護者カンファレンスを開催

Keiroは年次「介護者カンファレンス(Caregiver Conference)」を2019年3月30日土曜日にパサデナ仏教会にて午前9時から午後3時まで実施いたします。

Grants Program Logo

社会的孤立に取り組む30の団体にKeiroが助成金を授与

本日Keiroは、2018年度助成金プログラムの受領団体を発表し、総額およそ25万ドルを、健康への新たなる脅威と言われている社会的孤立(Social Isolation)という課題に取り組む30の非営利団体に授与いたします。

癒しケア: 「ケアの専門家」に見守られて

ある日、まさみさんはがんと診断されました。再発でした。15年前に闘った時はしっかり治療を行いましたが、今回は少し事情が違いました。

リトル東京ファーイースト・ラウンジ -高齢者の孤立を防ぐ場所-

カヨさんが通うファーイースト・ラウンジは、リトル東京の中心に位置する、高齢者をはじめさまざまな世代の人たちが集う憩いの場所で、人と交流したり、身体を動かしたり、頭を使ったりするアクティビティを楽しめるところです。

350名近くがKeiroカンファレンス 「Aging into Tomorrow (高齢化の未来)」に参加

コミュニティリーダーを含むおよそ350名近くがロサンゼルス、オレンジ、ベンチュラカウンティから集まり、食事、財政対策、認知症、断捨離など、最新の高齢化に関する情報を、各分野の専門家から聞くことができました。

Keiroカンファレンス 「Aging into Tomorrow (高齢化の未来)」をロングビーチで開催

Keiroは「Keiroカンファレンス:Aging into Tomorrow (高齢化の未来)」と題するカンファレンスを、10月13日土曜日にウェスティン・ロングビーチで開催いたします。

Calligraphy art and Kuni

アートのちから- 書道を通じて人とのつながりを

書道家でヒップホップダンサーの芳田訓晴さんは、この夏、高齢者向けに、書道のワークショップを開きました。このワークショップではきれいな字の書き方、ではなく、書を通じて自分を表現することを教えたそうです。

Mr. Miyake smiling

Keiro スーパースター File No. 1 三宅明巳さん – アロエと感謝

来年100歳を迎える三宅さんですが、よく健康の秘訣について聞かれるそうです。オレンジ郡日系協会の創設者の一人で、最初の会長を務められた帰米二世の三宅明巳さんさんは現在も日系コミュニティで活発に活動されていらっしゃいます。