2020-2021年助成金への申請 | Keiro
X #givingtuesday

Help us improve the quality of life for our older adults in Our Community.

Join Us

2020-2021年助成金への申請

Grants Program Logo

2020-2021年助成金プログラムの申請書およびガイドラインが発表されました。

今年の助成金プログラムは引き続き高齢者及びその介護者の社会的孤立を軽減するプログラム及びパートナーシップに焦点をあてています。

前年と異なり、今年の助成金プログラムはそのなかでも特に孤立していると思われるコミュニティメンバーを含める、また彼らに手を差し伸べるアウトリーチ活動を行うプログラムへ焦点を当てます。アウトリーチ活動には、新しいメンバーを含めること、またしばらく連絡がついていないメンバーへのアウトリーチも含まれます。両方の種類のプログラムが優先されます。

受領団体の発表は2021年3上旬を予定しております。

助成金は、年間運営予算100万ドル以下の団体が優先されます。

資金授与の金額は、最大で1団体に付き$15,000です。一つの団体が複数の申請書を提出することも可能ですが、そのケースにおいても最大額は$15,000になります。

全ての申請書類は英語にて提出される必要があります。
申請書は英語のみとなっております。予めご了承ください。なお、ガイドラインとFAQ(よくある質問)については日本語版を掲載しました。

英語のページへ
社会的孤立についての記事

助成金プログラムは既存及び新しいプログラムを支援することによりKeiroのミッションである日系高齢者の生活の質の向上の促進にさらに貢献します。助成金は、Keiroのリソースを、南カリフォルニアに住む日系アメリカ人及び日本人の高齢者にサービスを提供している団体に出資することによってそのインパクトを拡大させることを可能にしています。

これまでKeiroの助成金プログラムは50以上の団体へプログラム支援、資本投資、能力構築、および運営全般の支援という形で提供して参りました。提出される助成金申請書は、実業界や非営利事業の分野で経験豊富な日系アメリカ人および日本人コミュニティのメンバーからなる独立した審査委員会が評価します。


メニュー(クリックいただくと各セクションを閲覧できます)

助成金についてのお問い合わせは grants@keiro.org もしくは213.873.5703までご連絡ください。


申請書について

申請書はこちらからダウンロードしてください(英語のみ)


ガイドライン、FAQについて


日本語のガイドラインとFAQを掲載しました。

ガイドライン

よくある質問(FAQ)

 


応募資格について


申請する内容は、以下の対象者に向けて及び場所においてプログラム、サービスを提供している必要があります:

  • 日系アメリカ人及び日本人コミュニティの高齢者及び介護者へ主にサービス提供している
  • ロサンゼルス、オレンジ、あるいはベンチュラカウンティにてサービス提供している

申請団体は以下のいずれかに該当する必要があります:

  • IRSで定められている501(c)(3)非営利団体ステータスを持っている
  • 501(c)(3) 団体が財務代理機関(Fiscal Sponsor)となっているコミュニティ団体
  • 宗教法人についてはコミュニティのすべてのメンバーにサービス提供する場合に応募可能となる

申請対象外

申請対象外者は以下の通りです:

  • ロサンゼルス、オレンジ、ベンチュラカウンティ以外でサービス提供しているプログラム
  • 政府機関や組織
  • 医療リサーチ目的
  • 個人
  • 資金集めの行事
  • 基金
  • 政治活動や政治運動
  • 助成金提供組織や他の団体に授与する目的

 

助成金についてのお問い合わせは grants@keiro.org もしくは213.873.5703までご連絡ください。