close

その他の記事:
COVID-19情報まとめ
コロナ渦の生活習慣について

COVID-19への感染を避けるには、外出しないこととソーシャル・ディスタンスを実践することが最善の方法です。COVID-19は高齢者の方が重症化しやすいため、65才以上の方は外出せず、California’s Safer at Home Executive Order(カリフォルニア州の「自宅で安全に」と題する知事命令)に従ってください。しかし、外出しないということは、何もせず、誰とも交流せず自宅で過ごすということではありません。自宅に居ながら活動的に過ごす方法や気を付けるべき事などをまとめました。

生活習慣を維持する

長期間外出できないからといって、今までの習慣をやめる必要はありません。毎日の習慣をやり続けることで生活にメリハリがつき、心身の健康を促進することができます (Health Benefits, n.d.)。先行きが不透明な今だからこそ、毎日の生活パターンや良い習慣を維持することが重要です (Callaghan, 2020)。

  • 時間を区切ってメリハリをつける
    • なるべく今までと同じ生活パターンを守るようにします(仕事、運動、自由時間など)。
  • 朝寝坊を避ける
    • 今までと同じ時間に起床しましょう。そうすることで、通常のスケジュールを維持しやすくなります。
  • 着替える
    • 外出しなくても、パジャマから着替えます。
  • 食習慣を守る
    • つい軽食やおやつをいつもより多く食べてしまったり、逆に一食抜いたりといったことを避け、今までの食事の時間を守ります。

自由時間を楽しむ

生活習慣を維持できるよう努める一方で、自由時間も楽しんで過ごすことが大切です。外出できなくても、テレビや映画を見る以外に楽しめることはあります。

  • 特別な晩御飯を作る
    • 時間をやりくりして豪華な夕食を作ります。
    • おしゃれな服を着て、ZoomやFaceTimeなどのアプリを使って、ご友人やご家族とビデオ通話などでディナーパーティーをしてみてはいかがでしょうか。
  • 新しいことに挑戦する
    • 新しい言語の習得にチャレンジしてみましょう。Duolingoなど、新しい言語の学習に使うことのできるアプリが複数あります。
    • FaceTimeやZoomなどの新しいアプリをタブレットやスマートフォンにダウンロードし、ビデオ通話で交流する方法を学びます。
  • 家を片付ける
    • こういう時こそ家をきれいにしたり片付けしたりする絶好の機会です。
    • 古い服や物を整理して、寄付するものを振り分けましょう。
  • 家の修繕をする
    • 家で過ごす自由時間は、今までやりたいと思って気にかけていた未完成のプロジェクトに手をつける絶好の機会です。
    • 玄関のドアにペンキを塗ったり、リビングルームの模様替えをしたり、壊れた椅子を修繕してもよいでしょう。
  • 運動
    • 外出できなくてもエクササイズはできます。
    • YouTubeで自宅でできるエクササイズを見つけ、毎日の生活に取り入れましょう。
    • 軽い家事も運動になります。
  • ガーデニング
    • ガーデニングは、長年してきた方も、これから始めたいと思っている方にも、素晴らしい時間の過ごし方です。
    • ガーデニングは、ソーシャル・ディスタンスを実践しながら外で過ごすにはもってこいのアクティビティです。

休息を取る

COVID-19は高齢者が重症化しやすいなど、様々な情報を聞き続けることは不安感や恐怖感をあおることになりがちです。COVID-19の大流行という不安定な状況において、ストレスを減らすのに役立つ方法をまとめました (Older Adults, 2020)。

  • ニュースやメディアに触れない時間をあえてつくる
    • 一日中パンデミックについてニュースを聞いていると心が落ち込んだりする可能性があります。一日のうち、時間を決めてニュースを見るようにしましょう。
  • 自分のケア
    • 深呼吸、ストレッチ、瞑想などをして自分のケアも実施しましょう。
    • 健康的な食事、適度な運動、しっかり睡眠をとるようにしましょう。
  • 周囲と話す
    • 心配事やストレスなどがあれば、ご友人やご家族と話す機会を持ちましょう。
  • 主治医と話す
    • ストレスのせいで日常生活に支障をきたすことが数日間連続で起きている場合は、主治医に電話をしてみましょう。

ボランティア

  • コーリングツリー(電話連絡網)に参加してみる
    • 地元のコミュニティセンター、教会、お寺などにコミュニティ向けの連絡網がないか確認します。ボランティアとして高齢者に電話をかけ、外出できないでいる方々が外部と交流できる機会を提供しましょう。
    • 連絡網がない場合は、ご友人やご家族に電話をして連絡を取り合い、最新情報を入手しましょう。
  • 地元企業を支援する
    • 地元企業からギフトカードを購入したり、テイクアウトやデイバリーを利用します。
    • そうすることで、COVID-19が大流行する中で営業を続けようとしている企業やお店等を支援することができます。
  • 地元の団体に連絡を取る
    • 近くにボランティアの機会があるかもしれません。地元の団体を調べて連絡し、家からも実施できるようなボランティアの機会を探してみましょう。

自宅で活動的に過ごすことに加え、社会とのつながりを維持する方法がいくつかあります。電話、テキストメッセージ、eメール以外の方法で、社会とのつながりを維持したり楽しんだりできる方法をまとめました。

アプリ

  • FaceTimeSkypeZoomその他のビデオ通話アプリ 
    • ご友人やご家族にアプリの使い方を教えてもらいましょう 
    • ビデオ通話でお孫さんに連絡し、自宅でどう過ごしているか尋ねてみましょう
    • コミュニティセンター、教会、お寺のご友人とグループ通話をしてみましょう
  • YouTube(ユーチューブ)
    • お気に入りの曲を聞きましょう
    • 面白い動画をご友人やご家族とシェアし、その動画について話しましょう

ストリーミングサイト

参考:

Callaghan, A. (2020). How to Maintain Good Habits Now that Coronavirus has Blown up Your Routine. Retrieved from https://www.gq.com/story/coronavirus-menal-health-routine-good-habits

Coronavirus – What Social Distancing Means. (2020). Retrieved from https://www.redcross.org/about-us/news-and-events/news/2020/coronavirus-what-social-distancing-means.html

Health Benefits of Having a Routine. (n.d.). Retrieved from https://www.nm.org/healthbeat/healthy-tips/health-benefits-of-having-a-routine

Older Adults. (2020). Retrieved from https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/specific-groups/high-risk-complications/older-adults.html