close

2020年3月19日に自宅待機命令が発令されて以来、全員が生活習慣を大幅に変えなければならない状況が続きました。普通の生活が戻りつつある今も、これらの新しい習慣や日常が続くことが想定されます。

COVID-19は主に人と人との接触によって感染します。ワクチン接種後も、手を頻繁に洗うこと、不衛生な手で顔を触らないこと、多くの人がよく触れる箇所を消毒することなどを含む衛生管理をしっかり実践することが重要です。また感染リスクは、年齢、健康状態、住む地域のウイルスの感染拡大状況、自身の対策方法や生活習慣によって変わってきます(Aubrey et al., 2020)。

全ての外出、集まり、活動にも一定レベルのリスクが伴います。室内にいたり、一度に多くの人が周りにいたりすることでリスクは高まります。一般的に、感染者との距離が近いほど、また共に過ごす時間が長いほど感染リスクは高まります。

その他最新の関連情報・ニュース

  • 2021年11月19日にFDA及びCDCはPfizer、Modernaのワクチン接種をし、2回目の接種から6か月経った18歳以上全員がブースター対象になると発表しました。
  • FDAは、ファイザーワクチンの接種に関して5-11歳への接種の緊急使用許可を発表しました(10/29/21) 
  • LA カウンティ は、一部の室内にある公共の場(バーやナイトクラブなど)においてワクチン接種の証明を義務付けることを発表しました。客及び従業員は1回目の接種を10月7日まで、二回目を11月4日までに実施する必要があると言っています。(9/15/21発表)
  • 保健社会福祉省が提供しているワクチン情報はこちらから。
  • そのほかマスク着用に関する規制、ワクチンの義務化に関する情報は以下参照。

公衆衛生規制の最新状況

2021年6月15日の時点で、カリフォルニア州知事は規制を大幅に更新しました。多くの商業施設やビジネスは人数規制や距離を保つ必要がなくなりました。新しいガイドラインではカリフォルニア州の公衆衛生局のガイドラインに沿い、必要な場所ではマスクの着用が引き続き必要になります。

ロサンゼルスカウンティの最新情報: http://publichealth.lacounty.gov/media/coronavirus/reopening-la.htm#orders
オレンジカウンティの最新情報: https://occovid19.ochealthinfo.com/article/oc-health-officers-orders-recommendations
ベンチュラスカウンティの最新情報: https://www.venturacountyrecovers.org

ワクチンの義務化と証明

2021年8月ごろより一部ではワクチンの義務化や接種の証明を必要とする状況も出てきました。以下カリフォルニア州における情報のまとめです (CDPH, 2021c):

  • 1,000人以上集う、室内のイベントに参加する場合は、参加するにあたってワクチン接種証明もしくは陰性テストの結果証明が必須になります。全員マスク着用が必須となります。
  • 10,000人以上が集う野外のイベントでは、ワクチン接種証明は推奨されているのみとなっています。
  • ヘルスケア施設(病院や介護施設等含む)へ訪れる際は、ワクチン接種の証明、あるいは陰性テストの結果証明(72に時間前)が必須となります。

ワクチン証明は実際のカードもしくはカードの写真でも可能です (CDPH, 2021c)。
どのようなものが証明として含まれるかについてはこちらの英語のサイトをご覧ください

カリフォルニア州における規定についてはこちらから。(英語のみ)

また、以下郡・市では上記に加えてより厳しい規定があります:

ロサンゼルス郡
ロサンゼルス郡では、室内のバー、 ブルーワリー、ワイナリー、ナイトクラブ、ラウンジ等を利用する際はワクチン接種の証明、あるいは陰性テストの結果証明(72に時間前)が必須となります。

ロサンゼルス市
ロサンゼルス市では、上記郡の規定に加えて、室内の公共の場(レストラン、バー、ジム、スポーツアリーナ、ネイルサロン、市の施設等含む)において ワクチン接種の証明、あるいは陰性テストの結果証明(72に時間前)が必須となります 。この規定は11月4日より有効となります。

マスクについて

カリフォルニア州では6月15日より新しいマスクのガイドラインが発表され、7月28日に再度更新されました。この新たなガイドラインはCDC(アメリカ疾病対策センター)の内容に沿い、どのような状況でマスク着用が必須になるかを示すものです(CDPH, 2021a)。CDC は、2021年7月27日に、ワクチン接種を完了した人向けのガイドラインを更新しました。ワクチン接種を完了した方は、こちらのマップ上で感染力がHigh (高い・赤色)もしくはSubstantial(かなり高い・オレンジ色)地域では、室内の公共の場ではマスク着用が推奨されています。

カリフォルニア州では、ワクチン接種を完了した方は、原則マスク着用は不要となりますが、以下の環境下ではワクチン接種有無に関係なく着用する必要があります(CDPH, 2021a):

  • 公共交通機関 
    • 飛行機、タクシー、電車、ライドシェア、フェリー、バスなどが含まれます。
    • また、空港やバスターミナル、駅や公共交通機関が提供されている場所での着用も必須となります。
  • K-12の学校の室内環境及びその他子供がいる室内環境
  • ヘルスケア機関
  • 州および地元自治体の矯正施設や拘置所等
  • ホームレスシェルター、緊急シェルター、クーリングセンター(涼をとることができる施設)等

ワクチン接種を受けていない方は、公共の場での室内でのマスク着用は必須となります。これはレストラン、シアター、店頭、会合、そして政府関連のオフィスも含まれます(CDPH, 2021a)。

2021年9月20日より(8月18日発表)カリフォルニア州では1,000人以上参加する室内イベントではワクチン接種の証明もしくはイベント開催の72時間前までにコロナの陰性テストの証明、いずれかの提示が義務化されます(CDPH, 2021b)。

ロサンゼルス郡 – さらに、ロサンゼルス郡ではマスクの着用が以下の場合引き続き必須となっています。

  • ワクチン接種の有無にかかわらず、すべての室内公共の場におけるマスク着用(レストラン、店含む)
  • 大型な室内イベント(5,000人以上)もしくは大型な野外イベント(10,000人以上)の場合、マスクは飲食時以外は常時着用する必要があります。

オレンジ郡 – 上記、州の規定と同様それ以上の規制は現時点で無し。
ベンチュラ郡 – 室内の公共の場においてはマスク着用が必須。10月19日まで有効の予定。詳細はこちら(英語のみ)

推奨されるマスク

布、使い捨て、N95やKN95などある程度の精度を保証するマスク(国立労働安全衛生研究所National Institute for Occupational Safety and Health)認定)はどれも使用可能なマスクです。また、マスクは(一つが布、一つが使い捨て)2枚使用する方法もあります。

一部では環境・用途に応じてマスクを変化させることも良いとする専門家もいます(Parker-Pope, T., 2021)。スーパーへ少し寄る場合は布製マスクを使用する一方で、人混みの多い場所や飛行機の使用などの際はより精度の高いマスクの使用を検討してみてもよいかもしれません。しかしながら、特に精度の高いマスクでは偽物ではなく、正式なものであることを確認することが大切です。

ロサンゼルス郡及びロサンゼルス市ではヘルスオーダーの中で次のように推奨しています:「室内の公共及び私的な環境において、完全にワクチン接種を完了していない人と濃厚接触する場合は、より精度の高いマスクの着用を検討してください。例:マスクの二重着用もしくはKN95やN95などのマスク。特に、室内の密集した場所でワクチン接種を完了していないかもしれない人との接触がある場合は重要となります。」 (LA County Department of Public Health, 2021)

何よりも大切なことは、マスクが鼻と口をしっかりと覆い、顔にしっかりとフィットし、空気が漏れていないことを確認することです。 (Types of Masks, 2021).
そのほかマスクの詳細はCDCのこちらのサイトから(英語のみ): https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/types-of-masks.html

最後に、COVID-19 パンデミックは今も続いています。ワクチン接種を受けていない方はウイルスに感染し、また周りへ感染させるリスクがより高くなっています。マスク着用の義務付けは緩和され始めていますが、着用を個人の意思で続けることも可能です。

外出を決める前に検討する

2021年7月の時点で、CDCは、完全にワクチン接種を終えた方(最後の接種から2週間経った方)は、ほとんどの場合、他のワクチン接種を終えた方や、コロナウイルス感染による重症化の可能性が低い人とは距離を置かず、またマスクも着用せずに会ってもよいと発表しています。しかしながらワクチン接種をしたからといって全くコロナにかからないわけではありません。ワクチンはコロナによる重症化を防ぐことに役立ちます。外出することを決めた場合、その外出に伴うリスクのレベル、そしてどこまでがご自身にとって安全と判断できるかを決めるために、考えるべきポイントを3つまとめました(Aubrey et al., 2020) :

1. 環境

その外出は屋内で行われますか、それとも屋外ですか?屋外での活動の方が、屋内での活動よりリスクが低くなります。

例:レストランでの室内の食事vs家の庭でのバーベキュー

2. 距離

同居する家族以外の誰かと濃厚接触することになりますか?他の人との距離を保つようにすると、近づいて過ごす場合に比べて感染のリスクが低くなります。

例:小さい部屋で大勢の人とのエクササイズクラスvs 他の客との距離を保った状態での買い物

3. 時間

どれくらいの時間他の人と過ごすことになりますか?会うのはワクチン接種された人ですか?あるいはCOVID-19の重症化リスクの高い方ですか?他人との接触時間が長くなるほどリスクは高まります。距離を保つことでそのリスクを低くする事ができることを覚えておいてください。

例:映画館で映画を見るvs 郵便局で小包を発送する

外での活動

通常の生活が戻りつつありますが、外出時のリスク要因を念頭におきながら生活することは良い習慣です。完全にワクチン接種を終えた方は、国、州、もしくは自治体の規制がある場合においては公共の場では引き続きマスクの着用と、周りとの距離を置くことが重要になります。

  • 運動 (Aubrey et al., 2020)
    • 屋外で活発に過ごすことを望む場合、外での運動はリスクの低い活動です。
    • ウォーキング、ゴルフなどは、距離を保つことができるため、より安全な活動です。
  • 用事・日用品の調達など
    • 今までと同様の予防策を続けます:事前に外出の計画を立て、買い物リストを作り、顔を触らないようにし、帰宅したらすぐに手を洗います。
    • 銀行へ出向いたりATMを使用すると、他の人と接触したり、多くの人が使用するボタンやスクリーンに触れなければなりません。(Martin, 2017)
  • レストランでの飲食 (Aubrey et al., 2020)
    • レストランでの飲食は、知らない人が長時間周囲にいる状態となるためリスクが伴います。それに加え飲食中はマスクが着用できません。
    • 自分の家庭以外の人を含めた飲食については地元地域のガイドラインに沿うことが大切です。
    • 外食については、特にワクチン接種していない方は、テイクアウトが最も安全なオプションであることに変わりはありません。
  • 宗教に関する活動・礼拝や法要など(Aubrey et al., 2020)
    • 一部の宗教法人では、限られた人数での室内での法要に代わっているかもしれません。これらは予約制の可能性が高いですが、ワクチン接種を終えてない方も参加される可能性を念頭に置いておく必要があります。
    • 宗教法人には、活動再開にあたり従うべきガイドラインがあることに注意してください。そのため、礼拝の実施方法や、礼拝に一度に参加できる人数が変更されている場合があります。
  • 医療機関での受診
    • 直接会う必要がある場合は、診療所で取られている予防対策を確認してください。
    • テレヘルス(遠隔診療)を活用することも検討しましょう。これは、対面での診療を行う必要があるかどうかを見極める方法にもなります。テレヘルスに関する詳しい情報はTelehealth Factsheetをお読み下さい。

新しい常識、マナーの継続

新しく習慣となったマナーや常識をこれからも、特に公共の場で続ける必要があります(New Etiquette Rules, 2020):

挨拶

  • 同居する家族以外の人との身体的接触を減らします。ハグや握手の代わりに手を振ったりその他の方法で挨拶をする習慣は続けても良いでしょう。
  • 手を振ってもハグのかわりにはなりませんが、そうすることにより他の人との接触が限定されより安全性を高めることができます。

マスク

  • マスクは今後も公共の場においてご自身と身の回りの人の安全性を高める重要なアイテムになります。互いの笑顔を見ることはできませんが、ジェスチャーで気持ちを伝えるなど工夫しましょう。
  • マスクの記事はこちら

断る勇気

  • ご自身が「安全・安心」と感じるレベルを理解し、それを尊重することがとても重要な時期です。
  • イベントや外出へのお誘いを受け入れなければ、という義務感を感じる必要は全くありません。断ることは悪いことではありません。外出すること、人と会うこと、あるいは予約を入れることに気が進まない場合は、断っても構いません。
  • 断る勇気についてはこちらの記事を参照ください。

人との交流と繋がりを維持する

オンラインビデオ通話アプリ(Zoom、FaceTime等)を活用したり、手紙を書いたり、人とつながる方法は色々あります。しかしながら、人と直接会うことを考えている場合には、次のことご検討ください:

他の人との集まり (Aubrey et al., 2020)

  • 他の人と集まる場合は、今も引き続きまずは外で集まることを検討しましょう。外のオープンスペースで集まることで感染のリスクは低くなり、またお互いの距離を取りやすくなります。
  • 交流する人数が増えるほど、感染リスクが高くなることを留意してください。

孫との面会

  • 他の活動と同様、孫を訪問するリスクは人によって異なります。子供はCOVID-19感染を拡大させる可能性が高く、また無症状の場合があります(Aleccia, 2020)。
  • 現時点で12歳以下の子供はワクチン接種が受けられません。
  • CDCの新しいガイドラインによれば、ワクチン接種を終えた方同士の集まりや、重症化リスクの低い方との対面での集まりは許可されています。家族と話し合い、何が最善かを決めることが大切です。
  • 感染リスク軽減のため、できれば、屋外で会うようにします。

その他テクノロジーで人とつながることに関するKeiroの記事

旅行

旅行により、ご自身がウイルスに感染している人と接触する可能性やウイルスを拡散させてしまう可能性が高くなります。特にワクチン接種を受けていない方は、旅行による感染リスクは依然として高いです(Public Health Recommendations for Fully Vaccinated People)。

  • 旅行をすることを検討している場合は、次の質問について考えます:
    • リスクを抱えた人と一緒に旅行に行きますか?
    • 旅行先、帰国先の州や地域の政府は到着後、隔離期間を定めていますか?
  • 旅行の種類
    • 飛行機による旅行:飛行機で旅行する場合、空港で列に並んで待ったり、共用スペースを他人と共有したり、多くの人が触れる箇所に触れなければなりません。
    • 飛行機内では空気浄化システムのためウイルスや細菌はそれほど簡単に拡散しません。ただし距離を保つことができるとは必ずしも保証されていない、または可能ではない場合があります。
    • バスまたは電車による旅行:この形態の旅行では、座席の配置によっては他の人との距離を保つのが難しい場合があります。近い距離で他人と過ごす時間が長くなるほど、感染のリスクは高まります。
    • 自動車による旅行:同じ家に住む人と旅行をするのは感染のリスクが低いと考えるかもしれません。ただし、ガソリンや食料の購入、およびトイレ休憩で停車した際に、他の人と接触したり多くの人が触れるところを使用することになります。
  • 国外への旅行を検討している場合は、世界の大多数の国で依然としてCOVID-19の感染が進行中であることにご注意ください。
    • 米国疾病管理センター(CDC)は、2021年5月28日の時点で、ワクチン接種を完了した人は国内旅行においては、旅行前後の試験をする必要がないと発表しています(CDC, 2021)。
  • アメリカ合衆国内で旅行を検討されている場合は、CDCの旅行プランナーのサイトをご参照ください。各地域におけるガイドラインを閲覧することができます。

最も大切なのは個人的に「安全・安心」と感じる範囲で活動再開をすることです。何かを断ることや、握手を控えるのに気後れする必要はありません。通常の生活に戻っても、人との交流の仕方は大きく変化しています。最終的には、どのような活動に参加するかは自分の決断次第です。手を頻繁に洗い、必要な際にはマスクの着用を続けましょう。狭い場所に大勢で集まるのではなく、少人数と屋外で会うようにしましょう。

その他Keiroの記事:介護関連

参考

Aleccia, J. (2020). ‘We Miss Them All So Much’: Grandparents Ache as the COVID Exile Grinds on. Retrieved from https://khn.org/news/we-miss-them-all-so-much-grandparents-ache-as-the-covid-exile-grinds-on/

Aubrey, A., Wamsley, L., & Wroth, C. (2020). From Camping to Dining Out: Here’s How Experts Rate the Risks of 14 Summer Activities. Retrieved from https://www.npr.org/sections/health-shots/2020/05/23/861325631/from-camping-to-dining-out-heres-how-experts-rate-the-risks-of-14-summer-activit

Callaghan, A. (2020). How to Maintain Good Habits Now That Coronavirus Has Blown Up Your Routine. Retrieved from https://www.gq.com/story/coronavirus-menal-health-routine-good-habits

California Department of Public Health. (2021a). Guidance for the Use of Face Coverings. Retrieved from: https://www.cdph.ca.gov/Programs/CID/DCDC/Pages/COVID-19/guidance-for-face-coverings.aspx

California Department of Public Health. (2021b).  Vaccine Record Guidelines & Standards. Retrieved from: https://www.cdph.ca.gov/Programs/CID/DCDC/Pages/COVID-19/Vaccine-Record-Guidelines-Standards.aspx

California Department of Public Health. (2021c). Beyond the Blueprint Questions & Answers: Industry & Sectors Guidance. Retrieved from: https://www.cdph.ca.gov/Programs/CID/DCDC/Pages/COVID-19/Beyond-Blueprint-QA.aspx

California Department of Public Health. (2020). Limited Stay At Home Order. Retrieved from https://www.cdph.ca.gov/Programs/CID/DCDC/Pages/COVID-19/limited-stay-at-home-order.aspx

CDC, (2021). Interim Public Health Guidelines for Fully Vaccinated People. Retrieved from https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/vaccines/fully-vaccinated-guidance.html

CDC, (2021). Types of Masks. Retrieved from https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/types-of-masks.html

How to Protect Yourself and Others. (2020). Retrieved from https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/prevention.html

LA County Department of Public Health (2021). Order of the Health Officer. Retrieved from http://publichealth.lacounty.gov/media/Coronavirus/docs/HOO/HOO_SaferReturnWorkCommunity.pdf

Martin, E. (2016). The Ins and Outs of Online Banking. Retrieved from https://www.aarp.org/money/investing/info-2016/online-banking-101.html

Parker-Pope, T. (2020). When Can I See My Grandkids? Retrieved from https://www.nytimes.com/2020/05/20/well/family/coronavirus-grandchildren-grandparents-when-can-i-see-my-grandkids.html

Parker-Pope, T. (2021). Should I Mask? Can I Travel? What About Hugs? How Delta Is Changing Advice for the Vaccinated. Retrieved from https://www.nytimes.com/2021/08/03/well/live/covid-delta-variant-vaccine-symptoms.html

Public Health Recommendations for Fully Vaccinated People. (2021). Retrieved from https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/vaccines/fully-vaccinated-guidance.html#anchor_1617376530945