緩和ケアについて

緩和ケアとは?

医学用語で使われている「緩和ケア」とは疼痛・症状管理、アドバンス・ケア・プランニング、介護、安全性の評価、精神的・宗教的支援、投薬、健康管理システムや代替療法など、病に関する様々な課題へ取り組む医療ケアのことをさします。専門医療としては比較的新しい分野ですが、広まりつつある医療ケアです。このケアは 余命6ヶ月以下と診断された患者にのみ提供されるホスピスケアとは異なります。

日本では多くの場合、がん患者のみに適応されるものとして理解されていたり、ホスピスと同じ意味合いで使われていたりする単語ですが、アメリカでは深刻な病であればその進行具合に関わらず診断時からサービスを利用することができます。必要な緩和ケアの内容や頻度は、各患者の状況・状態によって調整されます。 すでにかかっている医師および専門医と連携して追加でケアを提供します。

「癒しケア」は、慢性疾患、進行性の持病などを抱える日系アメリカ人、及び日本人高齢者の方へ特化した緩和ケアプログラムとなっております。「癒しケア」は日本語でも受けられます。

緩和ケアについてもっと知りたい方は以下英語のサイトをご参照ください:

Providence Health and Services: https://california.providence.org/our-services/palliative-care/

Get Palliative Care: https://getpalliativecare.org/

Center to Advance Palliative Care: https://www.capc.org/


癒しケアその他のページ