先生方のご紹介

Dr. Komatsu and Dr. Yanami

八浪祐一医師とコマツ・グレン医師

 

Dr. Komatsu

コマツ・グレン医師

コマツ医師はプロビデンス・サザン・カリフォルニア(Providence Southern California)の地域医務部長、トリニティケア・ホスピス(TrinityCare Hospice)の医務部長、さらに、プロビデンス・リトル・カンパニー・オブ・メリー・メディカル・センター・トーランス(Providence Little Company of Mary Medical Center Torrance)の緩和ケア医長を務める。アリゾナ大学で生物科学の理学士号を取得後、アリゾナ・カレッジ・オブ・メディスン(Arizona College of Medicine)を卒業。カリフォルニア大学アーバイン校(University of California Irvine)小児科で研修医を務め、ロングビーチ・メモリアル・メディカル・センター(Long Beach Memorial  Medical Center)、とミラー・チルドレンズ・ホスピタル(Miller Children’s Hospital)新生児科でフェローシップを修了した後、新生児専門医として開業。主にプロビデンス・リトル・カンパニー・オブ・メリー・メディカル・センター・トーランス(Providence Little Company of Mary Medical Center Torrance)の新生児科医長を務める。さらに、ダナ-ファーバー癌研究所(Dana-Farber Cancer Institute)、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(Brigham and Women’s Hospital)、ハーバード・メディカル・スクール(Harvard Medical School)付属のマサチューセッツ州総合病院(Massachusetts General Hospital)で、成人緩和ケアのフェローシップを取得。その後、ホスピス・緩和ケアを設立するためにプロビデンスに再赴任。

 

 

Dr. Yanami

八浪祐一医師

プロビデンスに加わる以前、八浪医師は沖縄にあるアドベンチスト メディカル センターの内科勤務医兼ホスピス部門の医長を務める。早稲田大学で物理学の理学士号を取得後、ロマ・リンダ大学医学部(Loma Linda University, School of Medicine)を卒業。ニューヨークの聖ルカ・ルーズベルト病院(St. Luke’s Roosevelt Hospital)で内科研修医を務める。また最近、ロサンゼルスの退役軍人病院/シーダー・サイナイ病院(VA/ Cedar-Sinai Hospital)でホスピスおよび緩和ケアのフェローシップを修了。日・英医学用語に堪能。