癒しケア:母と私、そして私たちのニーズに耳を傾けてくれたチーム

なるべく長く、自宅で生活したい

デイビッドさんは仕事の傍ら、様々な役割を担っていました。二児の父であると同時に夫であり、また、自身の母親であるさかえさんの介護も行っていました。母親の腰が悪くなり、外出が困難になりはじめたこと、またアルツハイマー病の進行によってさらにケアが必要だと考え、2016年に、デイビッドさん一家は彼女の家に一緒に住むことにしました。

さかえさんはなるべく長く、自宅で生活することを望んでいました。また、息子や家族に迷惑はなるべくかけたくないとも思っていました。日本舞踊を自宅で教え続けていましたが、次第に自宅介護が必要になりました。

アルツハイマー病が進むにつれ、デイビッドさんは母親を主治医に連れて行くこともだんだん難しくなりました。「たった二分の距離でしたが、彼女にとっては、血液検査一つでも大掛かりなことでした。」と語ります。「車まで連れて行き、車に乗せ、運転して、到着後に車から降ろし…彼女も疲れていました。」

癒しケアチームと主治医との密な連携

そんな時、主治医から癒しケアを勧められました。「緩和医療というのはよくわかりませんでしたが、やってみようと思いました。振り返ってみると、癒しケアを利用したのはタイミング的にはすごくいい時期でした。」と語ります。癒しケアチームとの最初の出会いはチームのソーシャルワーカーと電話を介してでした。

「45分くらいでしたか、彼女の病状や状況について話しました。驚いたのは、彼女のケアにおいて自分たちが家族として何を求めているか、その最終地点について話せたことです。」

最初の電話の後、癒しケア担当医の八浪先生は、さかえさんの自宅訪問を定期的に実施し始めました。その訪問を通じ、医者と患者としての関係を深めていきました。

当初、さかえさんは自分の思っていることをはっきりと八浪先生に伝えられませんでした。ですが、時間と共に、家に居る安心感から、自分の状態や気持ちを八浪先生に素直に伝えることができるようになりました。状態がわかるようになったことにより、八浪先生もまた主治医の先生とさかえさんの状況を共有することができるようになり、結果として医者へ通う回数を減らすことができました。

家族にとっての心の支え

デイビッドさんにとっても、癒しケアは心の支えだったそうで、気軽に電話一本で母親の状態について相談できるということがとても安心できたそうです。「私自身も健康状態があまりよくなかったので、彼らがいて本当に助かりました。」

癒しケアのソーシャルワーカーも介護に関する様々な情報を家族に提供することができ、またPOLST(生命維持治療に関する医師指示書、Physician Orders for Life-Sustaining Treatment)の作成も支援しました。この書類によって、さかえさんが緊急時、自身で医療行為に関する希望を伝えられない時に、彼女の意思を伝えられるものを用意することができました。

palliative care; caring hands

救急外来を防ぐ

ある朝、さかえさんの様子がいつもと違い、ベッドから転倒している状態で発見されました。パニックになり、デイビッドさんはすぐに癒しケアチームに電話をかけました。

八浪先生が幸い近くにいたため、すぐにかけつけ、救急車や救急外来を利用せずに済みました。救急外来を利用しない、というのはさかえさん、及びご家族の希望でもありました。

さかえさんは軽い心臓発作でした。その後、八浪先生から癒しケアプログラムからホスピスへの変更を勧められ、その手続きをすませました。

私たちのニーズに耳を傾けてくれるチーム

「正直記憶がぼんやりとしています。母親の介護をして、自分の仕事をして、自分と家族をケアして…本当に忙しい時期でした。振り返ると、どの順番で何が起きたのか、記憶が少しあいまいなのです。一つだけいえるのは、このプログラムが本当に助けになったことです。とてもきめ細やかなサービスでした。」

デイビッドさんは、何よりも、チームが耳を傾けてくれたことが一番良かったと語ります。「私たちが必要としているのはなにか、何が欲しいのか、そこに耳を傾けてもらえたのは本当に助かりました。」


癒しケアについて:
https://www.keiro.org/jp/iyashi-care

癒しケア:患者さんの声:
癒しケア: 「ケアの専門家」に見守られて

「遠慮」の一歩先に

More about Iyashi Care:
https://www.keiro.org/what-we-do/iyashi-care

Other Patient Stories about Iyashi Care:
Getting Past the Enryo: How a 30 minute talk made a difference

Iyashi Care Story: The Relief I Felt with the “Care Specialists”

Other Articles and Resources:
Intro to Palliative Care: https://www.keiro.org/feature/palliative-care-intro
Palliative Care Resources: https://www.keiro.org/what-we-do/iyashi-care/resources-for-palliative-care
Iyashi Care FAQ: https://www.keiro.org/what-we-do/iyashi-care/iyashi-care-faq