緩和ケア: 大多数が全く知らない、最も重要な医学の進歩

著:アイラ・バイヨック医学博士

もしもあなた自身又は身近な友人や親族が、癌、心不全、アルツハイマー病、その他の心配な病状にあると診断されたら、戸惑い、先の見えない不安にさいなまれるでしょう。突然、予期せぬ困難なたびを強いられるのです。見知らぬ土地で道に迷ったように感じるのも、無理もないことです。

近頃は治療方法を決めるのも複雑になる場合が多いです。アメリカの医療制度は病気の治療という面では問題なく機能していますが、病状が複雑化すると予想される場合、患者や家族とコミュニケーションを取ったり、問題を事前に防いだり、相談に乗って助言をしたりする機能が不足しています。自分の判断が正しいかどうかが分からず、不安を感じることもよくあります。

意思をはっきり伝える大切さ

大切なのは、準備をして、あなた自身と家族の意思をはっきり伝えられるようになることです。あなた自身や大切な人々が問題を回避し、できるかぎり最高のケアを受けられるため、日頃私がアドバイスしている事柄をいくつかご紹介します。

まず重要なのは、あなたの病気の専門医を近隣で見つけること、そして次にその医療チームの医師などのメンバーと心を通わせて効果的に協力することです。「入院患者の接し方」を全ての医師がきちんと身に着けていることが望ましいのですが、必ずしも医師が全員温かい人柄だとはかぎりません。本当に大切なのは、信頼が置けて、あなたの生活を快適にするために親身に考えてくれる医師だと、あなたが感じられることです。もしもそうでないとしたら、別の医師を探してください。満足できる医師を見つけることは、あなたのケアに必要不可欠なのです。

次に、医療チームと効果的に連携するために気をつけるべき基本的なポイントがあります。個人的に気に入っているものをいくつかご紹介します。

  • 医師に質問したい事柄をメモしておきましょう。癌や記憶障害、あるいは心臓・肺・腎臓・肝臓の深刻な症状について専門家の医師に相談するのは、こわいことかも知れません。投薬や症状や、病気の治療に関する質問を全部覚えておくのは、容易ではありません。質問のリストを用意しておけば、大いに役立ちます。
  • 医師に会う際は、誰かに同席してもらいましょう―配偶者、兄弟姉妹、成人している子どもにサポートをしてもらい、医師との話し合いを一緒に聞いてもらってください。訪問時の話の内容を録音するのも良いでしょう。
  • 健康の記録のコピーを保管しておきましょう―特に、検査や生検の結果、検査報告書、通院歴、健康診断と退院記録の要約です。医師にこれらを要求することは、私たちの権利なのです。
  • 日々の症状と服用した薬の記録を付けましょう。

セカンド・オピニオン(第2の意見)―さらには第3や第4の意見を聞いても良いでしょう。

深刻な病状だと診断された場合、最善の治療を受けるためにはセカンド・オピニオンが重要になるかも知れません。命に関わる病気の問題なのです。ですからためらうことなく最高の医療施設とチームを見つけて、第2の―あるいは第3、第4でも!―意見を手に入れてください。インターネット、地元の専門家、口コミを利用して、あなたにとって最良の医師や医療施設を判断してください。

緩和ケア―最も重要な医療の進歩であるにも関わらず、知っている人々はわずかです。

医療に関する意見を求める際は、緩和ケア専門の医師やチームにも意見を聞くことを強くお勧めします。

緩和ケアはもともとホスピスから始まったため、緩和ケアを受けることは諦めることを意味すると考える人々が大勢います。しかしそれは正しくありません。近頃では「癒しケア」などのプログラムを通じて、緩和ケアは癌、心臓、肺、肝臓、腎臓、神経系の病気の治療と併せて提供されているのです。

Iyashi Care team
癒しケアチーム

痛みその他の不快な身体症状を治療するとともに、ひとりひとりの食欲、消化、腸の状態(全て重要)を整えるために努力している専門の臨床チームと協力すれば、睡眠が改善し、活動的になり、安心して過ごせるようになります。簡単に言えば、彼らは体と心の状態を改善してくれるのです。

癌などの深刻な病状にある人々が病気の治療と一緒に緩和ケアを受けると、気分が良くなる―さらに寿命が伸びることもあります!―といった傾向がありますが、これは当然です。

終末期を迎えた人の自宅で提供される緩和ケアは、ホスピスと呼ばれています。医療面を管理し、家族をサポートして、十分な終末期ケアを行うには、ホスピスが必要不可欠です。ホスピスの看護師、ソーシャルワーカー、医師は有能で、先を見越して行動し、機敏に対応してくれます。

覚えておいていただきたいのは、結局一番大切なのは、あなたとあなたの愛する人々ができるかぎり最高のケアを受けることなのです。


著者について

医学博士アイラ・バイヨック(Ira Byock)はプロビデンス・ヘルス・アンド・サービス(Providence Health & Services)のインスティテュート・フォー・ヒューマン・ケアリング(Institute for Human Caring)の創設者兼最高医療責任者(Founder & Chief Medical Officer)です。ダートマス大学医学部(Dartmouth’s Geisel School of Medicine)の現役名誉教授であり、『Dying Well』(1997)、『The Four Things That Matter Most』(2003)、および『The Best Care Possible』(2012)の著者です。詳しい情報はIraByock.orgのホームページでご覧いただけます。