Keiro が2018年助成金プログラムを開始: 高齢者の社会的孤立の軽減が焦点

本日Keiroは2018年の助成金プログラムを発表しました。ロサンゼルス、オレンジ、ベンチュラカウンティ内のコミュニティに根ざした団体に、総額25万ドルの助成金を出資します。日系アメリカ人および日本人の高齢者の生活の質を向上させるための重要な構成要素として、本年度の助成金プログラムは高齢者の孤立を軽減するプログラム及びパートナーシップに焦点をあてています。

社会的孤立(Social Isolation)は健康を脅かすものとして最近取りざたされ、全米で800万人以上の高齢者が影響を受けているといわれています。その定義は個人及び社会とのつながりが完全もしくはほぼ完全に欠如している状態のことを言います。他人とのつながりが一時的にないことをいう孤独感とは異なります。

「高齢化に関する研究分野においても、社会的孤立が高齢者の健康と福祉に対する深刻な脅威として認識されるようになっています。ある研究によれば、その危険性は1日15本の喫煙と同等とのことです。Keiroはこの課題に取り組む一つの方法として特に社会的孤立と向き合っているさまざまな団体とのパートナーシップを通じて私たちのコミュニティの高齢者および介護者を支援いたします。」とKeiroの代表兼最高経営責任者(CEO)を務めるレオナ・ヒラオカ(Leona Hiraoka)は述べています。

助成金プログラムの審査過程ではコミュニティに根差した形で提案を比較検討し、選出されます。2018年度は、コミュニティに根ざした活動を行う認定団体に最高15,000ドルの助成金を提供します。助成金を提供する目的は、社会的孤立の軽減に焦点を当てて高齢者および介護者に対するサービスの拡大・向上を目指す団体を支援することです。プログラム支援、資本投資、能力構築、および運営全般の支援に関する提案のすべてが考慮の対象になります。本年度の助成金プログラムの応募書類の提出期限は、2018831日(金)です。

Keiro助成金プログラムの目標は以下のとおりです:

  • 当コミュニティ内の、脆弱で最もニーズの高い高齢者および介護者の生活の質を向上
  • 日系アメリカ人および日本人の高齢者の社会的孤立の軽減を実現
  • 日本人及び日系アメリカ人高齢者が享受できる文化的な背景を考慮したプログラムやサービスの促進
  • 地元のサービス提供機関、プログラム、資源を通じ、高齢者及び介護者に対する各種支援制度を強化

Keiroは今夏、当プログラムの目標や応募資格、応募プロセスについての説明会をコミュニティ内で開催いたします。

ワークショップは以下日程で実施される予定です:

  • 6月13日(水) 午後2時 イースト・サンゲーブルバレー日系コミュニティセンター(East San Gabriel Valley Japanese Community Center)
  • 6月18日(月) 午後6時 ベニス日系コミュニティセンター(Venice Japanese Community Center)
  • 6月23日(土)午前10時 日米文化会館(Japanese American Cultural & Community Center)
  • 6月26日(火)午後4時 本派本願寺羅府別院(Los Angeles Hompa Hongwanji Buddhist Temple)
  • 6月29日(金)午前10時 オレンジ郡仏教会(Orange County Buddhist Church)(日英で実施)
  • 7月3日(火) 午前10時 フェイス・ユナイテッド・メソジスト教会(Faith United Methodist Church)
  • 7月6日(金) 午後12時 オンラインセミナー(Online webinar)
  • 7月24日(火) 午前11時 オンラインセミナー(Online webinar)
  • ベンチュラカウンティ  日時は後日発表

Keiroの助成金プログラムに関する詳しい情報は、www.keiro.org/grantsご覧いただけます。お問い合わせについては213.873.5703までお電話にてご連絡ください。ウェブサイトでは助成金応募用紙のダウンロード、ガイドラインの入手、情報提供ワークショップの参加申込みが可能です。

Keiroについて

Keiroは、日系アメリカ人と日本人コミュニティの高齢者およびその介護者の生活の質を向上させるという理念の下、ロサンゼルス、オレンジ、ベンチュラカウンティを中心に活動するNPO法人です。孤立、経済的困難、複数疾患、および認知・記憶障害など、加齢がもたらす多くの課題や障壁に対して様々な支援を提供しています。さらに多くの高齢者および介護者に手を差し伸べるサースの拡充を実現するためKeiroは企業や他の組織と提携するとともに、加齢がもたらす課題の解決に向け、研究やイノベーションにも積極的に参加しています。Keiroはロサンゼルスに拠点を置いています。