癒しケア: 「ケアの専門家」に見守られて

ある日、まさみさんはがんと診断されました。

再発でした。

15年前に闘った時はしっかり治療を行いましたが、今回は少し事情が違いました。

診断当時はまさみさんの母親が介護を必要としていました。娘として、日本に居る親の介護をすることは最優先事項でした。抗がん剤治療をせず、民間療法をしながら日本とアメリカを行き来し、癌の転移を覚悟の上で続けました。ですが、その選択に後悔はなかったそうです。

「彼女にとってはそれが一番大切だったので」と夫のひろさんは語ります。

再発から2年後、がんの影響で大腸閉塞になり専門医に行くと、すぐに救急に向かうよう指示をされ、二人は病院に向かいました。夜8時過ぎから様々な検査を始めましたが、医者に診てもらったのは次の日の朝5時でした。二人でわずかな毛布代わりのタオルで一夜を病院で過ごしました。

「一晩寝ずに、気が動転していて、なおかつ状況がどんどん変わっている中、さらに言語の壁もあって、一体そんな状況で誰が正確な判断をできるでしょうか?」

まさみさんがすぐに手術が必要なことを知らされます。

その当時を振り返ってひろさんは「英語は話せましたけど、医療用語は難しくてとにかく情報は欲しいけれど理解できない状態でした。」と語ります。医療チームはすぐに手術をするかどうかの判断をひろさんに求めましたが、内容がいまいち理解できず、またベッドで苦しんでいる奥さんを隣で心配しつつ、どうしていいか分かりませんでした。

医者との初めての面談時には病院の通訳サービスを利用しました。「通訳の方が電話の先にいて、それでも話すスピードが速すぎたので、会話の内容を録音しました。サービスがあったのは本当にありがたかったのですが、電話を回して、お医者さんの時間を多くとって迷惑をかけてしまって申し訳なかった。判断しなければならないスピード感を考えるとあまり効率的ではなかったです。」

手術をするか否かの判断を求められた際、どうしていいか分かりませんでした。たくさんの質問がひろさんの頭の中を駆け巡ります: 手術によって何か後遺症はないものなのか?どれくらい一般的な手術なのか?成功率はどうなのか?混乱し、右も左もわからないときに二人は癒しケアと八浪先生に紹介されます。

ひろさんははじめて八浪先生に会ったときのことをこう語ります。「僕たちは本当にラッキーでした。必要な情報をすべて日本語で聞けて、安心して判断することができました。」

手術後、自宅に戻り抗がん剤治療を始めた後も、癒しケアチームからの支援は続きました。「奥さんもチームの人たちが気に入って。ソーシャルワーカーの子とはすごく気が合って、八浪先生にも本当に感謝していました。八浪先生のおおらかな性格も本当によかったです。」とひろさんは話します。

八浪先生は月1回から2回自宅訪問し、電話で密に連絡を取っていました。ひろさんとまさみさんはがんの専門医との会話も、八浪先生に分かりやすく解説してもらいました。かかったすべての医者のなかで、一番密にコミュニケーションをとっていたのは八浪先生でした。また、治療の痛みを緩和させる薬も八浪先生に出してもらっていました。「一度請求書について電話したこともありました。内容が分からず正当なものなのか否か等どう処理していいか分からなかったので」と様々な医師・病院から届いた5-10枚もの請求書について質問したこともあったそうです。

「一番良かったのは大事な情報をタイムリーに[癒しケアチームという]専門家からすぐ日本語で聞けたことです。正しい情報を持つことは本当に大切ですよ。」とひろさんは語ります。まさみさんは安楽死について情報を求めていた際、癒しケアチームのソーシャルワーカーが丁寧に、カリフォルニア州のEnd of Life Option Actという法律についての説明をし、その内容について詳しく知ることができました。また、癒しケアチームは二人に事前指示書(アドバンス・ディレクティブ)の大切さと必要性を説明、もしまさみさんが自身で医療判断できなくなった際に代理人を立て、また自分の望む医療処置を指定できる書類を作成する手伝いもしました。「そんな書類があるというのも知りませんでした。まだコピーが冷蔵庫に張ってあります。」癒しケアのソーシャルワーカーはそのほかにもエステートプランニング専門の弁護士の照会や介護のオプションなどの紹介も行いました。この間、ひろさんは仕事を続けながらまさみさんをサポートしていました。

 

癒しケアは、まさみさんだけではなく、ひろさん自身にとっても助けになったそうです。「入院中、私も胃の調子が悪くて薬を飲んでいました。専門家の方に色々相談できて、頼れることができて本当に助かりましたし、大きかったです。自分の心の負担、ストレスというか、私自身の健康も助けられました。」

「本当に大感謝です。これ[癒しケア]がなかったら分からないことだらけなので、路頭に迷っていたかもしれません。色々細かいところまでケアをしてもらいましたけれど、皆さん本当にケアの専門家ですよね。情報も健康面もそうですけど、心の面でも支援していただきました。言葉に言い表せないけれど、本当にありがたかったです。」