敬老とOCJAAが共同で試験的プロジェクトを開始:日本語でのサービス | Keiro
X #givingtuesday

Support Keiro’s work to improve the quality of life for older adults in Our Community.

Join Us

Due to COVID-19, Keiro has decided to transition all of our scheduled in-person events in 2020 to alternative formats. Read full statement here.

Keiroは年内に開催する予定の直接人と人が会うイベントを全て別の形式に変更することに致しました。詳細はこちら

close

敬老とOCJAAが共同で試験的プロジェクトを開始:日本語でのサービス

Contact: Audrey Lee-Sung
T: 213.873.5707
contact@keiro.org

日本人高齢者へのサポートの一環として、敬老はタスティンのOCJAA事務所にて試験的に無料出張サービスを開始しました。月に二回、年末まで行われます。

このプロジェクトは、日本人高齢者へのサービスと取り組みの拡大を表すもので、今後の敬老にとって、多大なインパクトをもたらすために必要なリソースやコミュニティーのニーズの理解を深めるのに役立ちます。敬老とOCJAAは2011年よりクラスの提供などを通して、オレンジ郡に住む高齢者へのサポートを開始しました。特に、2014年には、敬老、OCJAAそしてウィンターズバーグ長老教会の協賛で「介護者のカンファレンス」を全て日本語で開催され、150人以上の参加者がありました。

敬老健康促進スペシャリストの福山可奈子氏はソーシャルワーク修士号を修得しており、日英両語に堪能です。また、HICAP(健康保険カウンセリング&擁護プログラム)のカウンセラーでもあり、オレンジ郡のメディケア受給者にメディケアに関する情報と無料カウンセリングを提供しています。さらに、敬老がコミュニティーに提供する数々の健康に関するクラスやプログラムのリーダーのトレーニングも行っています。

福山可奈子氏は、今年の初めに、OCJAAから感謝状を授与されました。「可奈子さんに感謝状を差し上げることをとても嬉しく思います。これは、彼女個人による貢献だけでなく、敬老との貴重なパートナーシップを称えるものでもあります」とOCJAA会長、藤田喜美子氏のコメントです。

この試験的プロジェクトについて、福山可奈子氏は、「この機会を通して、たくさんの方々との出会いを楽しみにしていると同時に、オレンジ郡に住む日本人高齢者へのサポートを共に担うOCJAAのご協力に感謝します」と述べています。出張サービスは 9月21日、10月5日、10月19日、11月2日、11月16日、12月7日、12月21日となっています。面会、あるいは電話での無料相談が可能です。予約は福山可奈子まで電話213.873.5709あるいはメールkfukuyama@KEIRO.org

日本語でのサービス内容:

  • メディケアに関するご質問
  • 加齢や健康に関するご相談
  • 介護に関するご相談

敬老は、長期医療介護施設に重点を置く、ロサンゼルス、オレンジ、ベンチュラ郡全域を通じて数万人という日系米国人・日本人高齢者の為に幅広い支援を提供することへと対象範囲を拡大しています。敬老は、旧敬老施設の居住者向けのプログラムと共に、高齢者と介護提供者へのサービスを提供し、私たちのコミュニティーの高齢者が自ら選択したライフスタイルの支援をします。