close

2020年はすべての人々、特に高齢者やその介護者にとってとても大変な年でした。Keiroでは、皆様からのご支援のもと、コロナ禍においても順応し、今までと同様私たちのコミュニティの高齢者の生活の質を向上させることに焦点を当てながら、プログラムを提供し続けることができました。

{{TOC}}


バーチャルのイベント・プログラムへ移行

毎週開かれているオンラインプログラムやイベントを通じて2020年中は2,700人以上の高齢者の方とつながることができました。何ヵ月も外出を控え、自宅で過ごす生活が孤立や孤独感につながる可能性もあることから、高齢者が、引き続き住んでる場所にいながら、外とのつながりを保つことは非常に重要です。テクノロジーを通してすべての高齢者とつながるにはまだ時間がかかりますが、この新たな取り組みは今後も続け、つながりを保つための新しい工夫や機会を作っていきたいと考えています。

「コロナ禍で自宅待機が続く中、私にとってKeiroフォーラムは、間違いなく前向きな発見の一つです。」

-Mitzi(Keiroバーチャルフォーラムの常連出席者)

無料で毎週参加できる英語のバーチャルフォーラムの詳細についてはこちらをご覧ください
ゲストスピーカーを迎えての英語のイベントの詳細についてはこちらをご覧ください


リトル東京イーツ 弱い立場にある高齢者に食事を届けるためのパートナーシップ

2020年4月から、リトル東京イーツプログラムを通し累計7,800食以上の食事がリトル東京に住む高齢者に届けられました。このプログラムは、最も弱い立場にいる地元の高齢者の差し迫ったニーズに応えるため、リトル東京サービスセンター(LTSC)およびリトル東京コミュニティカウンシル(LTCC)と連携して立ち上げられました。私たちはCOVID-19による影響を受けた小規模の企業と協力しながら、引き続きハイリスクグループに属する方々に毎週何百食もの食事を引き続き届ける予定です。

「毎回の食事を楽しみにしています。本当に感謝しています。皆さんにありがとうとお伝えください。」

–リトル東京在住者

リトル東京イーツの詳細についてはこちらをご覧ください(現在英語のみ)
リトル東京イーツでのボランティアに興味をお持ちの方はこちらをご覧ください


癒しケア病を抱える高齢者とその介護者向けに文化的配慮の行き届いた緩和ケアとサポートを提供中

この文化に配慮した緩和ケアプログラムは、Providenceと提携した、病を抱える高齢者とその介護者にカウンセリングとサポートを提供するプログラムです。

新型コロナウイルスが猛威を奮っていますが、変わらず癒しケアを利用することができます。Keiroのウェブサイトにあるお問い合わせフォームにご記入いただくか、213.873.5791へお電話の上、メッセージを残していただくようお願いします。

癒しケアの詳細についてはこちらをご覧ください: https://www.keiro.org/jp/iyashi-care


Keiro施設への支援

Keiroでは、居住者に文化に配慮したプログラムや特別イベントを提供する旧Keiro施設に対する支援を引き続き行っています。新型コロナウイルス感染が拡大しはじめた時、Keiroは地元地域の小規模企業から購入した食事を毎週届け、最前線に立つ従業員を支援しました。


パンデミックに関するコミュニティへの情報提供

2020年3月以来、Keiroは英語と日本語でパンデミックに関する最新情報や記事を発信し、私たちのコミュニティがCOVID-19に関する適切で正確な情報を常に得られるよう取り組んでいます。皆様からのご協力を得て、今後もウェブサイト、ニュースレター配信、ソーシャルメディア、およびウェビナーを通じて引き続き関連情報を提供してまいります。

 「コロナ禍でのストレス管理や、風邪、インフルエンザとCOVID-19について扱った記事が特に有益でタイミングも良かったと思います。Keiroのリサーチと情報によって、私たちは安全に健康に過ごすことができ、私たちの生活の質が向上しています。」

シニアグループをリードするコミュニティパートナー

COVID-19に関する情報はこちらから
コロナ禍の生活習慣についてのページはこちらから