close

その他の記事:
COVID-19情報まとめ
コロナ渦の生活習慣について

自宅で活動的に過ごすには?

このようなパンデミックの発生にもかかわらず、ウイルスに関連した詐欺が発生しています。COVID-19の最新情報のみならず、ウイルスに関する誤った情報や詐欺も知っておくことが大切です。様々な詐欺の種類を以下まとめました:
最終更新時:2022年1月20日

{{TOC}}

検査・コンタクトトレーシングに関する詐欺

正式な機関からの承認を得ていない、偽物のコロナの検査キットが出回っています。これらのきっとを購入する際に医療関連の個人情報などの記入を求める詐欺が横行しています。必ず、FDAの承認付きの検査キットを、正式な販売元から購入することが大切です (DHHS, 2022)。

また、偽物の簡易検査場やクリニックを設置し、医療従事者を装い、正式な検査場で長蛇の列に並び待っている人に声をかける詐欺も発生しています。長い列に待たず早く検査できると持ち掛け、偽物の、あるいは正式承認されていない検査をしていると見せかけながら、保険や金融等の個人情報を聞き出し、なりすましや健康保険関連の詐欺に使われてしまう事が発生しています (Waggoner & Markowitz, 2022)。

また、コロナ検査キットの販売に関する電話・訪問販売なども横行しています。不審な電話だと感じた場合はすぐに切ることが大切です (DHHS, 2022)。

コンタクトトレーシングと題してソーシャルセキュリティ番号、銀行口座情報、あるいは現金を要求する人・団体・政府機関は存在しません (Skiba, 2021)。

マスクに関連する詐欺

マスクや家庭用クリーナーなど、保健衛生用品を販売していると見せかける詐欺師がいます。ロボコール、テキストメッセージ、SNS上の広告等の方法で購入するよう呼びかけたりしているため、注意する必要があります (Waggoner & Markowitz, 2022)。

荷物配達に関連する詐欺

オンラインで買い物をする人が増えたこともあり、荷物配達に関連した詐欺が増えています。詐欺師は荷物配達の追跡番号をテキストメッセージでリンクとして送ることがあります。リンクは安易にクリックせず、注文したサイトからそのようなテキストが届くべきなのかを確認することが大切です (How to Avoid Package Delivery Scams, 2021)。

固定資産税に関連した詐欺

ロサンゼルスカウンティでは、固定資産税に関連した詐欺が複数報告されています。コロナウイルスを理由に郡の事務所がしまっているため、家に訪問している、と自宅に押し掛けます。現在、ロサンゼルスカウンティの収税及び会計局(County of Los Angeles Treasurer and Tax Collector)(TTC)では直接対面での訪問は実施していません。固定資産税の支払いについて自宅訪問があった場合は地元自治体に報告してください。

ワクチンや治療に関する詐欺

ワクチンや治療方法等に関連する詐欺の一例です(Coronavirus – Avoiding Scams, 2020):

  • 訪問詐欺 – 自宅訪問という形でボランティアがワクチンについての情報を共有し接種率を高める運動をする自治体やコミュニティもあります。それに付けこみ、ワクチンに関する情報の共有と引き換えに、医療や金融に関する個人情報を聞き出す詐欺が発生しています。個人情報を提供する必要はありません。ワクチン接種やワクチンに関する情報は正式な機関や正式な場所で接種することが大切です (DHHS, 2022)。
  • ワクチンカードの購入 – ワクチンカードの販売の詐欺も発生しています。カードは販売されていません。認定された機関で接種した場合にのみ提供されるものです (DHHS, 2022)。
  • コロナワクチンに関するアンケート調査の詐欺 – ワクチンアンケート詐欺にご注意ください。保険や口座番号など個人情報を提供する必要はありません。アンケートに参加することで金銭やギフトを得られるとうたっている場合は注意する必要があります (DHHS, 2022)
  • 個人情報 (Federal Trade Commission, 2020) – ワクチンに関係する組織・個人が個人情報(クレジットカード番号、銀行口座の情報、ソーシャルセキュリティー番号等)について聞くことは絶対にありません。ワクチンに関する正しい知識は主治医、地元の健康当局から得るようにします。
  • ワクチンリスト – ワクチンが完成したら、最初に利用できると言ってお金を騙し取る詐欺があります。ワクチンを受けるためのそのようなリストは存在しません。ワクチンが完成した場合は、医療機関から連絡が行きます。
  • 赤十字の検査 – 赤十字は自宅でコロナウイルス検査を受けるサービスを提供していません。こうした検査を提供する、あるいは赤十字に代わって寄付を募る人物は、正規の赤十字とは関係ないため、詐欺の可能性が高いです。
  • 治療効果があるという製品 – ウイルスに関連する症状を治癒できるとする製品や治療法をめぐる情報が出回っているかもしれません。それらはすべて詐欺であり、検討すべきではありません。こうした製品はあなたの健康を害するものである可能性があるため、注意が必要です。
  • 投資 – 投資話には注意が必要です。詐欺師は、ある企業がコロナウイルスの治療方法の開発に取り組んでいるため、株の値段が上がると主張します。これらは嘘であり、無視するのが最善の策です。
  • ハンドサニタイザー(手指消毒剤)– ハンドサニタイザーは多くの店頭で売り切れていることから、人々は自宅で手作りのものを作っている家庭もあります。しかし、独自のハンドサニタイザーを作って使用するよりも、水と石鹸による通常の手洗いをおすすめします。正確な計測を行わなければ、サニタイザーを作る途中で危険な化学反応が起きる可能性があります。

個人情報を狙ったフィッシング/eメール詐欺

犯罪者が世界保健機関(WHO)あるいは他の人物/組織を装って、eメール、ウェブサイト、電話、テキストメッセージ、FAXなどを使って、お金や個人情報を要求する可能性があります(Coronavirus – Avoiding Scams, 2020)。

  • インターネットを使用する際は以下に気を付けましょう
    • Eメールのアドレスを見て送信者を確認しましょう
      • 知らないアドレスの場合はメールを開かないようにしましょう
      • Eメールには、誤った感染予防についての助言、偽の情報、偽の治療法、偽の慈善団体が宣伝されている場合があります。
    • リンクをクリックする前に確認しましょう
      • リンクや添付ファイルによりマルウェアがインストールされたり、個人情報が盗まれたりする場合があります
      • 知らないEメールから送られてきたリンクをクリックしないようにします。
    • 万が一個人情報を提供する際には細心の注意を払いましょう
      • なぜその人物があなたの個人情報を知ろうとしているのか、それが本当に必要なのかどうか考えましょう
      • 情報共有の場である公共のプラットフォームでは、本来ユーザーネームあるいはパスワードは必要ありません

助けを求める・お願い事を依頼される・お手伝い詐欺

  • 友人や知り合いを装ったフェイクメールにご注意ください。詐欺師は不正にメールを乗っ取り、お金の送金やギフトカードの購入とコードを教えてほしい等のお願い事や助けを求めたりします。
  • 特に詐欺師は新型コロナウイルスの流行を利用して友人・知り合いとしてなりすまし、家族が感染して困っているからお金が欲しいと要求してきます。このようなメールを受信した場合で疑わしいと思う場合はメール以外の方法で本人と確認をまず取りましょう。なりすましがいると判明すれば本人にとってもメールの乗っ取りがあったことを知らせることができます。
  • 買い出しのお手伝いをするといい、代金だけだまし取って買い出しを終えず連絡がつかなくなる、という詐欺もあります。家になるべくいるようにしているのを逆手に取った詐欺です。買い出しやお手伝いは、赤の他人ではなく、自分が信頼する人に頼みましょう(Skiba, 2021)。

チャリティ・慈善団体に関連する詐欺

新型コロナウイルスによるパンデミックが発生する中で人々を助ける特定の慈善団体へ寄付するよう呼びかける、不正なEメールや電話があるかもしれません。しかし、これらは多くの場合嘘の電話であり、あなたが寄付しても、お金が本当の慈善団体に行くことはありません。カリフォルニア州の全ての慈善団体は 慈善団体を規制する州司法長官、チャリタブル・トラスト・セクションに登録する必要があります。基本的にギフトカードや送金による寄付は行わないようにします(Coronavirus – Avoiding Scams, 2020)。

景気対策に関連する詐欺

一部の詐欺師達は、COVID-19やトランプ大統領の景気対策を悪用し、詐欺を働こうと狙っています。詐欺師達は電話であなたが政府から救援金(1000ドルから最大14,000ドル)を受ける資格があると持ち掛けます。 (Got a Call, 2020)。残念ながら前例のない今の状況の中、犯罪者達は人々から利益を得る手段としてCOVID-19パンデミックを悪用しています。COVID-19の拡散が続く限り、様々な詐欺が今後も発生するでしょう。しかし、詐欺から自分を守る方法がいくつかあります (Got a Call, 2020):

  • 知らないEメールのリンクや添付ファイルを開かないようにしましょう
  • アメリカ疾病管理センター(Centers for Disease Control:CDC)のウェブサイトなど、信用できる情報源で情報を確認しましょう。
  • Eメールの返信で、ユーザーネームやパスワード、その他の個人状況を共有しないようにしましょう。
  • リンクをクリックせずに、ウェブサイトのURLを自分で入力するようにしましょう。

参考

Brewster, T. (2020). Coronavirus Scam Alert: Watch Out for These Risky COVID-19 Websites and Emails. Retrieved from https://www.forbes.com/sites/thomasbrewster/2020/03/12/coronavirus-scam-alert-watch-out-for-these-risky-covid-19-websites-and-emails/#192263801099

Coronavirus – Avoiding Scams. (2020). Retrieved from https://dcba.lacounty.gov/portfolio/coronavirus-scams/

Department of Health and Human Services (DHHS). (2022). Fraud Alert: COVID-19 Scams. Retrieved from https://oig.hhs.gov/fraud/consumer-alerts/fraud-alert-covid-19-scams/

Federal Communications Commission. (2021). How to Identify and Avoid Package Delivery Scams. Retrieved from https://www.fcc.gov/how-identify-and-avoid-package-delivery-scams

Federal Trade Commission. (2020). FTC Issues Consumer Tips for Avoiding COVID-19 Vaccine Scams. Retrieved from https://www.ftc.gov/news-events/press-releases/2020/12/ftc-issues-consumer-tips-avoiding-covid-19-vaccine-scams

Got a Call About Claiming Your COVID-19 Stimulus Check? It’s a Scam. (2020). Retrieved from https://abc7.com/6028082/?ex_cid=TA_KABC_FB&utm_campaign=trueAnthem%3A+Trending+Content&utm_medium=trueAnthem&utm_source=facebook&fbclid=IwAR0tM3JEC0Km0og_Mkr5ZXEGZbabowp821OfHZiThXyjkwTiz6M2sip_y7s

LA County Treasurer and Tax Collector. (2020). County Officials Warn Against Property Tax Scam. Retrieved from https://ttc.lacounty.gov/wp-content/uploads/2020/10/Tax-Scam-Release-10.22.20_.pdf

Landsverk, G. (2020). Holding your breath can’t help you self-diagnose the coronavirus. Here’s what you should do instead. Retrieved from https://www.businessinsider.com/holding-breath-10-seconds-drinking-water-wont-cure-diagnose-coronavirus-2020-3

Skiba, K. (2021). 10 Red-Hot COVID Scams Vexing Older Americans. Retrieved from https://www.aarp.org/money/scams-fraud/info-2021/covid-19-scams-vexing-older-americans.html

Waggoner, J. & Markowitz, A. (2022). Beware of Robocalls, Texts and Emails Promising COVID-19 Cures or Stimulus Payments. Retrieved from https://www.aarp.org/money/scams-fraud/info-2020/coronavirus.html