X #givingtuesday

Support Keiro’s work to improve the quality of life for older adults in Our Community.

Join Us

「遠慮」の一歩先に

たった一本の電話で変わることもある。―これは義理の父親を介護していた方が、「癒しケア」プログラムの医師とわずか30分の電話で Peace-of-mind、心の安らぎを感じることができたお話です。

皆さんはかかりつけの医者に診療を受けに行った際、先生に質問があったけれども「もしかしたら大した質問ではないのかもしれない」、と聞かずに黙ってそのまま帰ってしまったこと、ありませんか?あるいは医療の専門用語が理解できなくて説明してもらいたかったけれども、先生に時間をとらせては申し訳ない…と声に出して聞けなかったり、自分の悩みを打ち明けるのを躊躇してしまい、診断中何も気になるところはありません、と答えてしまったりしたこと、ありませんか?「先生お忙しそう。お時間を取ってしまうのは申し訳ないわ…私、心配しすぎなのかも。」と心のなかで完結してしまっていませんか?

私たちのコミュニティでは多くの場合相手への思いやりから「遠慮」という日本人ならではの文化を大切にしています。出しゃばらず、相手になるべく迷惑をかけないように配慮する。多くの日本人・日系人の方がこの素敵な文化を大切にしていますが、時としてそれは本当に必要な助けを妨げてしまうこともあります。

これはそんな「遠慮」の一歩先へ踏み出した義理のお父さんを介護するヒロシさん(仮名)のお話です。

彼の義理の父親は95歳。認知症を10年以上患っていて、過呼吸や腎臓機能の低下などを含め、入退院を繰り返していました。お義父さんが心配で、彼のために今やっている以上に何かできないか、そう思っていましたがそもそもどこに相談していいかわかりませんでした。

そんな時に同僚から「癒しケア」について教えてもらいました。ですが、彼も最初は家族のことを親戚以外の人に話すことをためらっていました。さらには、他の医者に相談することはかかりつけのお医者さんに対して失礼にあたるのでは、と電話をかけられずにいました。

ですが、幼少の頃から知っていた自分の大切なお義父さんのために何か助けになる情報があるかもしれないと、思い切って電話をかけてみることにしました。

ヒロシさん曰く、電話したことによって、「心の安らぎ」、Peace-of-mind を感じることができたそうです。本人も驚いたことに、癒しケアチームのドクターの一人、コマツ先生は30分も、ヒロシさんの心のうちや心配事など、すべてを聞いてくださったそうです。コマツ先生は、ヒロシさんの話を全て聞き、これをしなさい、と決めつけるのではなく、どのような選択肢がお義父さんにはあるのかを丁寧に一つずつ説明してくれました。「本当に電話してよかったと思いました。ホッとすることができ、心の安心を感じられました。これほど親切にじっくり話を聞いてくださる方に話せたことが本当に良かったです」とその時の気持ちを振り返っていました。コマツ先生との会話の次の日に、「癒しケア」チームのソーシャル・ワーカーがヒロシさんに電話をかけ、ヒロシさんのケースに対してその他の質問や心配事がないかと追加の連絡がありました。

癒しケアについての感想を聞くと「新たな情報を得られるリソースだと思います。どこに相談していいかわからない、困っている方には特におすすめします。自分の大切な人に一番のケアを届けたいのは皆さん共通の思いだと思いますから。」

癒しケアについて詳細を聞きたい、あるいはケアを受けたい方は 213.873.5791 へお電話、あるいは keiro.org/癒しケア/ までご連絡ください。

「癒しケア」は Keiro とプロビデンスが提携して深刻な病をかかえる日系アメリカ人および日本人の高齢者の方へ緩和ケアを提供するプログラムの名称です。このプログラムでは治療で感じる痛みの緩和のみならず、その患者及び介護者が抱えているその他の悩みやストレスも緩和するお手伝いをします。