View More Press Releases

Keiro and Pacifica Finalize Sale of Four Senior Healthcare Facilities

Posted February 8, 2016

Partnership with Operators and Community Ensures Continuity of Care for Seniors

Los Angeles, CA – Keiro and Pacifica today announced the close of escrow of Keiro’s four senior healthcare facilities, Keiro Nursing Home, South Bay Keiro Nursing Home, Keiro Intermediate Care Facility, and Keiro Retirement Home to Pacifica Companies, LLC. The new owner has leased the management and operation of the facilities to Aspen Skilled Healthcare, Inc. and Northstar Senior Living, Inc.

“After many years of thoughtful consideration, Keiro made the difficult decision to sell its facilities to ensure the best quality of care and services are available to our community,” said Gary Kawaguchi, Chairman of the Board of Keiro. “Continuity of care for our residents is our highest priority during this transition.”

Keiro is exploring opportunities to collaborate with the new owner and operators to help ensure continuity of programs and services that benefit seniors and serve the specific needs of the Japanese and Japanese American residents. Our hope is to work together to strengthen the health and well-being of seniors by combining Keiro’s culturally sensitive programs with the stability of Pacifica, Aspen and Northstar’s direct health care services.

“We are pleased that the sale of Keiro’s facilities has moved forward as planned.  Although we know that there are strong feelings on both sides of this issue, we look forward to working with the community to continue and expand upon our history of care for our elders,” said Kawaguchi. “We believe the sale is in the best interest of Japanese American and Japanese seniors, and we are committed to working with the new owners to provide consistency for residents, families and volunteers by continuing many of the cultural and educational programs that are valued by the residents.”

A Community Advisory Board (CAB) has been established to support the new operators and ensure continuity during and after the transition. The CAB is primarily composed of members from the community representing residents, families and the supporting community, including both English and Japanese-speaking segments.

Keiro’s mission remains the same: to enhance the quality of senior life in Our Community. The organization will continue to serve as an ongoing resource by providing high quality, high impact, and culturally sensitive support to older adults and their families, and future programs will be designed to meet the evolving needs of older adults in the Japanese American and Japanese community.

Community participation during this transition will make certain the facilities’ new programs are culturally relevant, effective, and meet the needs of Our Community.

“I hope that members of the community stay actively involved in the discussion about how we care for older adults,” said Kawaguchi. “I am glad that our community has become so engaged in what Keiro means. We anticipate these discussions will result in plans and actions that positively impact how we support the needs of our community’s older adults.”

敬老とパシフィカによる敬老4施設売却手続きの成立

運営者とコミュニティーとのパートナシップによって高齢者への継続したケアを保証

加州、ロサンゼルス-本日、敬老とパシフィカは、敬老看護ホーム、サウスベイ敬老看護ホーム、敬老中間看護施設、および敬老引退者ホームの4施設のパシフィカ・カンパニーズへの売却手続きに関するエスクローが完了したと発表しました。パシフィカは、施設の運営と管理をアスペン・スキルド・ヘルスケア、Inc.とノーススター・シニア・リビングにリースしました。

「長年にわたる周到な考慮の末、敬老は、我々のコミュニティーへの最善のケアとサービスを補償するために施設を売却することを決断しました」と川口ゲリー敬老理事長は述べます。「この移行期間中、我々は居住者への継続したケアを最優先に考えてまいりました。」

敬老は、高齢者を支援し、日本人と日系人居住者特有のニーズに応えるプログラムやサービスの継続を保証する手助けをするために、新たなオーナーと経営者とのコラボレーションの機会を模索しています。我々が望むのは、敬老の文化的背景を考慮したプログラムとパシフィカ、アスペン、ノーススターによるヘルスケア・サービスの安定性を融合させ、供に高齢者の健康と精神衛生の強化へ向けて働き合うことです。

「我々は、敬老施設の売却が計画通りに進んだことを嬉しく思っています。これに関して対立する強い意見があることは承知してますが、我々の高齢者へのケアの歴史を継続させ、更に発展させるために、コミュニティーと協力し合うことを待ち望みます」と川口氏は述べます。「施設の売却は、日系、および日本人高齢者にとって最善であると信しています。また、我々は、新たなオーナーと協力して、居住者から高く評価される多くの文化的、および教育プログラムを継続させることによって、居住者、家族、およびボランティアの方々へ継続性を提供していくことを約束します。」

新しい経営者をサポートし、移行の最中とその後の継続性を保証するためにコミュニティー諮問委員会(CAB)が設置されました。CABは、主に居住者、家族、支援コミュニティーを代表して日本人、および日系コミュニティーからのメンバーによって構成されます。

「我々のコミュニティーの高齢者の生活の質の向上」という敬老のミッションは変わることはありません。敬老は、高齢者とその家族への質と影響力の高い、文化的背景を考慮したサポートをとおして、今後もリソースとしての役目を務め、さらに、今後のプログラムは、日系、および日本人コミュニティーの変化し続けるニーズに応えるべくデザインされます。

コミュニティーが、この移り変わりの時期に参加することによって、新しいプログラムは文化的に適した、効果的で、かつ我々のコミュニティーのニーズを満たすものになります。

「コミュニティーのメンバーが、我々はどのように高齢者をケアしていくかという問題に、今後も積極的に議論を続けることを願います」と川口氏は述べます。「我々のコミュニティーが敬老の持つ意味についてこれほど関心を抱くようになって嬉しく思います。これらの議論は計画と行動を生み出し、それらは我々のコミュニティーの高齢者のニーズをどのように満たすかということに前向きな影響をもたらすでしょう。」