X #givingtuesday

Support Keiro’s work to improve the quality of life for older adults in Our Community.

Join Us

癒しケア

緩和ケアを日系高齢者にお届けする
Keiroとプロビデンスの提携プログラム:
全人的アプローチを通じて生活の質を向上

2017年8月にプロビデンス・ヘルス・アンド・サービス(Providence Health & Services)と提携し、進行性の病や慢性疾患等の深刻な病気を抱える日系アメリカ人および日本人高齢者に焦点を当てた緩和ケア・プログラムを創設しました。

この革新的な緩和ケア・プログラムは、医師、看護師、ソーシャルワーカーがチームとなって既に患者を担当しているヘルスケア・チームと密接に連携しながら追加のサポートを提供することで、患者が生活の質を可能な限り向上させられるよう支援します。

全米で初の取り組みとなるこのKeiroとプロビデンスの癒しケア・プログラムは、緩和医療分野において全国的に有名なプロビデンスのリーダーシップと、日系コミュニティの高齢者に保険・支援サービスを長年提供してきたKeiroの経験と実績を活用しています。当提携プログラムの最終目標は高齢者がより長くコミュニティの中で生活できるよう生活の質の向上に努めると同時に、救急医療の受診や入院を減らすことです。

癒しケアについてのお問い合わせは213.873.5791もしくは programs@keiro.org までご連絡ください。


癒しケアについてもっと知る (Menu):


癒しケアとは?

「癒し」とは「ヒーリング」とも呼ばれ、痛みや悩みを解消させる、という意味を持ちます。多くの場合、患者やその家族は病を診断されたときから様々な難しい選択をせまられているのではないでしょうか。「癒しケア」プログラムは、ヘルスケアのプロフェッショナルがそろったチームを提供し、全人的(*)なアプローチによって、高齢者の方とその家族が、心の安らぎ、Peace of mindを得られるようお手伝いすることを目的としています。

*全人的:医療用語で使われる単語で、身体的な治療だけではなく、心理・精神的な側面や社会的側面などさまざまな角度から治療を考えることを指します。

癒しケアではどの様なサービスが受けられるのか

癒しケアは外来医療のプログラムですので、登録された患者さんはご自身が希望する場所でケアを受けられることができます。患者さんの状況は一人一人異なるため、各患者独自のプランを検討します。患者本人はもとより、ご家族の希望や心配事、どの様なケアを望んでいるか等を一緒に探っていきます。

各患者のニーズに応じて以下のサービスを日本語・もしくは英語で受けられることができます:

  • 24時間年中無休の電話での対応
  • 複雑で変化する症状の管理・緩和
  • 診療所あるいはご自宅での診断・ケア
  • 現在かかっている医師・専門医との連携
  • 健康状態の変化に応じたヘルスケアプランの変更の支援
  • 緊急時の的確かつ適切な対応
  • 精神的・宗教的なサポート
  • 自宅の安全性の評価(介護などの観点)
  • 必要に応じたホスピスへの紹介
  • 事前指示書(アドバンス・ディレクティブ)及び「生命維持治療に関する医師指示書(Physician Orders for Life -Sustaining Treatment: POLST (ポルスト))」等の書類を含むアドバンスプランニングの支援

癒しケアを通じて日系アメリカ人及び日本人の高齢者の方へ文化的背景に配慮した緩和ケアを、ご本人の要望やニーズ、人生観に合わせて提供いたします。

癒しケアはいつから必要か

緩和医療は診断時も含む病気のどの段階からでも受けられます。また、治療と平行してケアを受けることができます。

もしも生活の質に影響するような深刻な病(例(以下に限らない):進行性のがん、心臓の病気、呼吸器疾患、アルツハイマー病などの認知症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、多発性硬化症(MS)、あるいはその他生命に関わるような病状、病気)と診断された方、あるいは患っている方は、癒しケアがどの様にお手伝いできるか、ぜひお問い合わせください(213.873.5791)。

病は、時には家族間の関係や状況を大きく変えるものでも有ります。そのようなときに癒しケアチームであれば、複雑な医療の判断で悩んだ時やケアのゴールを決める際のお手伝いもできます。

癒しケアの費用はいくらかかるのか

癒しケアサービスに登録された患者さんは、電話、テレカンファレンス、ビデオチャット、あるいは直接会ってのコンサルテーションを無料で提供させていただいております。そのほかの追加サービスにかかる費用はプロビデンスチームと、個人の保険プロバイダーとの相談が必要な事項となります。

癒しケアについてのお問い合わせ、あるいは癒しケアに登録される方は213.873.5791もしくは programs@keiro.org までご連絡ください。

なぜ癒しケアなのか

患者の治療におけるニーズは人それぞれです。治療を各患者のニーズに合わせてカスタマイズできることは、緩和ケアの大きな利点の一つです。例えば、癒しケアでは、治療処置と並行して痛みの緩和を提供することができます。必要としているものはそれぞれ違うため、緩和ケアチームが一人一人の治療法を細かく、文化に配慮した形で検討します。

癒しケアは…

包括的なサービス(Team Oriented)

通常医師はできる限り患者にとって最善のケアを提供しますが、病気は患者個人だけでなく、家族にも負担がかかります。「癒しケア」チームは患者の痛み、不快感などの症状の緩和のみならず、その家族の健康と安心も支援するなど、幅広いサービスを提供します。

文化に配慮したサービス (Culturally Sensitive)

日本文化と密接に関係する価値観は日系コミュニティに今も多く存在しています。「癒しケア」チームには日本語を話すスタッフも在籍しています。緩和できる症状だったとしても、周りに迷惑をかけてしまっては、と親切心から「遠慮」しがちな方もいらっしゃるのではないでしょうか。患者の価値観が「負けずに頑張る」であれ「仕方がないから割り切ろう」というものであれ、その考え方を理解するために十分なコミュニケーションをとり、言語のみならずあらゆる文化的な側面も考慮して多様な要望に応えることができます。